FC2ブログ
01 | 2012/02 | 03
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
プロフィール

嫁

Author:嫁

アクセスランキング

皆様からの応援のおかげで、日々のネタ探しに力が入ります。
いつも、ありがとうございます!
1日1クリックお願いします♪

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ


ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

耳がきこえないからといって・・・

2012.02.29 18:20|お義母様
昨日、近所のおじいさまが遊びに来ました。

そのおじいさまは、
いつもニコニコしていて
とてもかわいいおじいさま。

主人のことが大好きで、
主人に下駄を持ってきてくださったのです。

さて、そのおじいさまなのですが、
とても耳が遠いのです。

うちに来てくださるときは
自分が聞こえないのをいいことに


ピンポンピンポン
ピンポンピンポン
ピンポーーーーーン



とチャイムを鳴らします。

ちなみにうちのチャイムは

ものすごく大きな音で
家中に響きます。



お義母様:はーい!
     このチャイムの鳴らし方は
     ○○さんだな・・・。


お義母様は玄関へ。

しばらくすると、隣りの客間に
お客様を通す気配。

私は特にきにせず
仕事を続けていました。


お義母様:今日は良い天気だね。
     
(大きな声で)

○○さん:・・・
    (聞こえてないけど
     多分ニコニコしてらっしゃるはず。)

お義母様:○○さーん,
     きょ、う、は 
     い、い、て、ん、き、
     だ、ね~
     
(もっと大きな声で)

○○さん:・・・
    (聞こえてないけど
     多分ニコニコしてらっしゃるはず。)

お義母様:○○さーーーーん,
     きょーーーー
     うーーーー
     はーーーー 
     いーーーー
     いーーーー
     てーーーー
     んーーーー
     きーーーー
     だーーーー
     ねーーーー
     
(もっともっともっと大きな声で)

○○さん:・・・
    (聞こえてないけど
     多分ニコニコしてらっしゃるはず。)

お義母様:はーーくしょん!
     
あ、すみません。

○○さん:・・・
    (聞こえてないけど
     多分ニコニコしてらっしゃるはず。)

お義母様:あ、聞こえないかぁ!!
     ははは!!
     


○○さん:・・・
    (聞こえてないけど
     多分ニコニコしてらっしゃるはず。)




お義母様、
まるでコントです。
素晴らしいノリツッコミ。





どうせなら、
相手の耳が聞こえないのをいいことに

おなら

とか

橋幸夫を熱唱

とかしてくれたらおもしろいのに・・・。

などと思いつつ、
私はニヤニヤしていました。


○○さんがやって来ると
必ずこんな会話が巻き起こり、
私はほんわかした気分に
なれるのでございます。



ノリツッコミなお義母様に
応援のぽちをお願いします!

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ  
スポンサーサイト



きんかんと洋梨

2012.02.28 16:40|嫁内蔵型救出食材探知機
今朝、キッチンで、

嫁内蔵型
救出食材探知機


を起動しました。


説明しよう。

「嫁内蔵型救出食材探知機」とは、
視界に入る多くの食材から、
救出すべき傷みかけている食材を
を見付けるための探知機、
すなわち、


私の目です。


えへへ。

ちなみに私が、
探知機を起動させるときは、


なぜか
薄目になります。



さて、今日は


傷みかけの洋梨

をみつけました。


救出ロックオン


さらに、キッチンのテーブルに、


金柑


をみつけました。

金柑は全然傷んでなかったのですが、
仲良し(と勝手に思ってる)
ブロガーさんの名前の一部なので、
傷ませたくない!

と思い、


救出ロックオン


その後も探知機をフル回転しましたが、
急を要する食材はこの二つだけでした。


さて、ひと呼吸おいて、次は、


お義母様との、
救出交渉です。



私:お義母様、
  この洋梨と金柑
  頂いてもいいですか?

お義母様:あ、洋梨?
     もう熟してた?

私:はい。
  (傷みかけてますが。)

お義母様:金柑はね、
     甘露煮にしようと思っててね。

私:あ、そうでしたか。
  じゃあ、金柑はいいです。

お義父様:いいんだよ!
     どうせしないんだから、
     持ってってくれや!
     その方が片付いていいや。

お義母様:します!

お義父様:見たことないぞ!

お義母様:よくしてます!

お義父様:誰が食べるんだ?
     また冷蔵庫の中身が
     増えるだけだぞ!



以下、バトル。





ちなみに、私は一度も
金柑の甘露煮を
見たことはありません。



私:あの、
  金柑は使うのならば
  いらないので平気ですよ!

お義母様:いいわ、あげる。
     使わないから。



お義母様
甘露煮は・・・。




と、とりあず、こちらをGETしました。


洋梨はレモン汁と合わせてジュースにしました。



金柑は砂糖と煮てから、
オーブンで乾燥させて、
金柑ピールにしました。


お菓子作りに使う予定が、
ティータイムで完食となりました。

私は救出食材を
美味しく食べられると
なんともいえない

充実感

で満たされます。

これからは、救出食材とその行方も
ブログにアップしようと思います。



私も探知機もってる!というお嫁様、
ポチッとお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ  

お義母様の声

2012.02.27 10:43|お義母様
うちのお義母様の声は

低い

です。

ちょうど

はるな愛

さんみたいです。

お義父様は声が高い方なので、
お義父様とお義母様が
ケンカでヒートアップしてると


おかま達の
大げんか



みたいになります。

まあ、そんなことはさておき、
はるな愛さんは、柔かい話し方なので、
とてもかわいらしい印象なのですが、
お義母様はハキハキと話すので、

キツイ人

と印象を持たれがちです。

本当は気さくな方なので、

声と話し方で
損してるなあ


と思っていました。


ある日、うちの電話が鳴りました。


お義母様:もしもしー?

お義母様:・・・はい(訝しげ)

お義母様:・・・ええ(訝しげ)

お義母様:あー、
     ちょっと待ってもらえます?
     主人に変わりますので。

私:(ん?お義父様に電話かな?)

お義母様:(声を低くして)
     そういうのは
     いらねえから!
     二度とかけてくんな!




ピッ



電話終了。





私:!!!!!?((( ;゜Д゜)))


お義母様:ったく・・・。

私:セ、セールスですか?

お義母様:そう。
     私、声が低いでしょ?
     だから、セールスがしつこいときは
     今みたいにしちゃうの。
     そしたら、もう同じとこからは
     かかってこないから。



その手がありましたか
お義母様!




損してるなんて思ってごめんなさい。

そう、お義母様の低い声は


しつこいセールスを
断る力があるのです。



ちなみに、
本物のお義父様が
セールスを断るときは


ごめんな
うちはな
そういうのは
いらないの。
うん、わりぃね。



と、なぜか低姿勢

そんなときはいつも、


主人に変わります


と言って、


お義母様に
代わればいいのに



と思ってしまう私です。


お義母様、
悪徳業者から電話が来ても、
お義母様がいてくだされば
百人力でございます。


いつもありがとうございます!




重低音なお義母様に
ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ

お義父様の勘違い3

2012.02.25 14:20|お義父様
今日の話は少し前のお話です。

そう、アナログ放送から
地デジに変わる頃のお話です。

うちのテレビはアナログ専用でしたので、
地デジ対応のテレビに変えなくては、
という感じで始まった会話です。


私:そろそろうちのテレビも
  買い換えないといけませんね。

お義父様:ぢデジになるからな。

私:(すかさず)
  地()デジです。

お義父様:あのー、あれか。
     今のテレビだと、

     アナグロ

     しか見れねぇのか?

私:(ア、アナグロ?)




アナグロ

お義父様、
なんとなく
卑猥な響きです。

※下ネタすみません。



私:・・・アナログです。



お義父様はその後も、
うちに来るお客様に


アナグロ


を連発していました。
やはり、得意のドヤ顔で。


あまりにお義父様が得意気なのと、
お客様がいるのとで、
訂正できないあの状況。



ある意味
拷問でした。



アナログから地デジに完全に
切り替わった今、やっと
平和な日々が訪れました。

お義父様、
やはり平和が
一番ですね。




ぽちっと
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ  

あだ名

2012.02.24 15:12|同居
私は、義両親がいないときには、


親しみを込めて
義両親を
あだ名で
呼んでいます。


仮に、お義父様のことを



だん吉



と呼んでるとします。

あくまで仮にですよ。


え?
本当だろう?



うふふ。それは内緒です。

とにかく、義両親がいないときは
いつでもあだ名なので、
女子会のときも、家族との会話のときも、

お義父様の話をするときは、


だん吉さんがさ~

とか

だんちゃんがね~

などとなるのです。


ちなみに、うちの主人は
ところ構わずあだ名で呼んでいるため、
義両親は自分のあだ名を知っていて


馬鹿なこと言って!


と苦笑いしていらっしゃいます。

しかしながら、私は義両親の前では
一度もあだ名を使ったことがありません。


ある日、私の実の妹がうちに遊びに決ました。

そのとき、お義父様は何かの資料を書いていて、
そこに、本名を記入していました。


妹:あれ?
  ◯◯さん(本名)って誰ですか?

お義父様:ん?私の名前だよ。

妹:え?
  お義父様の名前って、


  「だん吉」さん
  じゃないのですか?


私:!!!!!!(おい!!)




我が妹よ
天然にも
ほどがあるだろう。




お義父様:えっ!
     あっはっは!
     △△(主人)が
     馬鹿なこと言ったんだな!

妹:あ、いや、おねぇ・・・。

私:あっはっはっはー!
  そろそろ出かけようか~!
  今日は天気いいね~!





と、笑ってごまかして、
妹を引きずり出しました。

あだ名に限らず、
義両親に秘密にしていることがある方、

天然キャラは
義両親に
近づけないように
お気をつけください。





天然ぼけな妹に、ぽちっと
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ  


異臭事件

2012.02.23 10:34|嫁内蔵型救出食材探知機
うちのキッチンには、
私が管理をしていない


無法地帯


があります。

それは、お義母様が、
いただきものなどを
保管している段ボール箱です。



※皆様にお見せするため多少整えました。


出来れば全く関わりたくないのですが、
時々そこで


異臭事件


が発生しますので、
私は、異臭事件が発生する前に、
怪しい食材を見つけては、
捨てるなり食べるなりしています。

今日はそこで

奥深くに眠る
「キウイ」


を発見しました。

9個ほどはいっていて、
そのうち5個は、
手にすると

ぐちゃ

とつぶれてしまうほどの傷み・・・。

のこりの4個は
かろうじて食べられそうなので、
私はジュースにでもしようと
お義母様に声をかけました。


私:お義母様
  このキウイ頂いてもいいですか?
  

お義母様:あ!
     もう完熟してた?
     待ってたのよ~



って・・・




お義母様
こんなに熟すまで待って
何をするおつもり
だったのでしょうか?
  




いつも、
私が腐りかけているものを
見つけて声を掛けるときに


わざと置いてました


といった反応をするお義母様。



嘘も方便

殺人的
ポジティブシンキングです。




しかし、私は知っているのです。
このまま私が放置すると、



世にも恐ろしい
異臭事件




が発生してしまい、
主人とお義父様に


犯人は
おまえだ~!!



お義母様が
と責められてしまうことを・・・。

今日も、
無駄なバトルが発生しないために、
食材を処理する私です。

ちなみにキウイは
りんごと一緒にジュースにして
おいしくいただきました。





応援お願いします♪

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ

似て非なる物

2012.02.22 09:33|お義父様
私の義妹の旦那様は、
ゲレンデを経営する
会社で働いています。

元々スキーの選手だった彼は、
ものすごいイケメンで、
スキーしたりスノーモービルに
乗ったりしてゲレンデを
パトロールしたりしています。

かなりのイケメンですので、
時々テレビに出たりして、
ゲレンデの宣伝をしていたりもします。

その彼が、昨日うちに来て、
夕飯を食べるときに

「今日は硬いものはちょっと・・・」

と言ったので、
理由を聞いたところ、
仕事をしているときに、
機材にぶつけてしまったらしく、
前歯がぐらぐらしているとこのと。

すぐに歯医者に行ったら
前歯は無事でしばらく置いておけば
そのうちグラつきも無くなると
言われたそうです。

ゲレンデでのお仕事は、
大自然を相手にする
大変なお仕事。


怪我をすることだってあるそうで、

「大変ですね。」

「名誉の負傷ですね。」

「頑張ってますね」

と、話を聞いておりました。



お義父様:あぁ、じゃあ、
     おらとおんなじだな!
     (突如参加。)


私:え?

お義父様:おらも昔、
     ちょっとしたときに
     前歯ぐらぐらしてな。

私:そうなんですか?
  どうしてですか?
  (どんなかっこいい原因なんだろう?
   わくわく!)


お義父様:バスに乗っててな、
     寝ちまってな、
     前の席の手すりんとこにな
     がーーーーーーん!!
     とぶつけちまってな。
     (どや顔)



私:(リ、リアリー?)





お義父様
そこは
「どや顔」
するとこじゃ
ありません。






名誉の負傷



お義父様の
居眠りによる失態





似て非なる物


でございます。


ただ、どちらが
個人的に好きかというと・・・
(おもしろいかというと・・・)



もちろん
お義父様です。

Yoooou win!!




今もその現場を想像しては
ぷぷぷと笑ってしまう私です。



ちなみに
お義父様の前歯は
奇跡的に無事だったそうです。




ぽちっと
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ  

あれ

2012.02.21 08:46|お義父様
うちのお義父様は、
会話の中に


あれ


という単語が頻出します。

例えば、


前にな
「あれ」したらな
たまげちまってな~



・・・
何をなさったのでしょうか?


とか


あの
あんときに使う「あれ」
どこいったかな?



・・・
何を探して
いらっしゃるのでしょうか?


などのように、
「あれ」のオンパレード。


以前、


あれを
あれしといて
くんねーかな?



と依頼されまして、

私へのご依頼のため
さすがに聞き流すことができず、


何をどうしましょう?


ときいたところ、
どうやら、


お風呂を
洗っておいて



だったようです。


その後、お風呂を洗って、
お義父様に報告するときに

つい、


あ、お義父様、
あれ、
あれしておきました



と、なってしまいました。


恐るべし
「あれ」の伝染力



そのときに、お義父様が


ありがっと~


とおっしゃったので、


あれ


だけで意味が通じる会話もあるのだなと
少し感動したのであります。



そんな以心伝心の
嫁とお義父様に
応援のポチお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ  

在庫管理

2012.02.20 11:27|義両親
うちの義両親は


消耗品の
在庫管理が下手



です。


すなわち、
買い物が下手です。



在庫の数を確認せずにスーパーへ行き、
「安売り」
とか
「特売」
とか書いてあると
それをたんまり買ってきます。


そんなおかげで、
全てが大量に…。



まずは柔軟剤。
どこまで柔らかくするのでしょうか?



トイレットペーパー
オイルショック・・・?



歯磨き粉
一日に何度歯磨きをするのでしょうか?



調味料など
濃い味が好きなのですね。



カレー
一箱12皿作れますが…。



ビール
飲むのはお義父様だけで、
ほとんど焼酎しか飲まないのに…。



何かにつけて大量というのは
こんなことろまで…。
おでん。




ちなみに、



四人家族です。




その他もろもろ、
大量に買っているのですが、
なぜかいつも、

コンディショナーは
あるのに
シャンプーはない


という事態に陥ります。



な、なぜ・・・?




物に押しつぶされそうな嫁に、
応援のポチお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ  

どう反応すればいいか分からないとき

2012.02.19 11:34|お義父様
昨日、イタリアンレストランで、
義両親にディナーを
おご馳走していただきました。

そのときの会話です。


お義父様:今日、母ちゃんと
     レストランで昼メシ食ってたらな、
     昔、町村会一緒にやった
     二人と会ってな、

私:はい。
  (それ誰ですか?
   全く知らないです。)

お義父様:そしたらな、むこうがな、
     「やーだーお久しぶりー!」
     って言ってきてな、

私:はい。

お義父様:もう、本当10年以上ぶりでな、

私:へ~。すごいお久し振りですね。

お義父様:で、その人達、
     おらと同い年なんだけんな、

私:ええ。

お義父様:「お互い年だから、
      転ばないように、
      気をつけようなっ」って
      言っておいたんだけんな。

私:はい。

お義父様:・・・・・・。

私:・・・・・・。

お義父様:・・・・・・。
     





で?







お義父様:・・・・・・。









もしかして
その話は
終わりでしょうか?
お義父様。








このようにお義父様は、

私が全く
存じあげない方の話で
その上
何が言いたいのか
よく分からない話


をよくされるのです。


そして、
そんなときは決まって、



ものすごい
どや顔で私を見ていて
私に何かを求めている




のです。



ですが、お義父様、
申し訳ございません。
私のキャパシティーでは
お義父様の意図を
上手に汲むことができず、

どう反応すればよいのか
全く分かりません・・・。




ちなみに私は
何の前触れも無く
突如訪れるこの事態
うまく対応できず、



薄ら笑いと
超高速のまばたき




をすることしかできません。

お義父様、
こんな嫁ですみません。






話好きなのに、話があまりうまくない、
そんなかわいいお義父様にポチお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ  

富士登山

2012.02.18 16:24|お義母様
お義母様は結婚前に、
富士山に登ったそうです。

メンバーは
お義母様と女性がもう一人と
男性二人の四人だったそうです。


お義父様以外の男性と
登山をしたことに
罪悪感を持ってるらしく、


男性はただの
ボディーガード
だったの!



と、言い訳をしていましたが、


誰も
そこには興味が
ないようです。



面白いのはここからでして、
頂上直前で、
女性が気分が悪くなったそうです。


頂上までは目と鼻の先。


誰かが女性をおぶって
頂上まで行こうということに
なったそうです。


富士登山、
行った方なら知ってると思いますが、
頂上付近では空気も薄く、
疲労はたまりにたまって、
ほとんど気力だけで
足が動いている状態

だそうです。

でもまあ、
男性が二人いるから、
何とかなったのかな?
と思って続きを聞いていたら、


なんと、


男性二人は荷物持ちで
お義母様が女性を
おんぶしたとのこと。



もっと、他にいいやり方が
あったでしょうに。。。


そんな私の反応に気づいたのか、



お嫁に行く前の女性を
男性にむやみに
触らせてはいけない
と思ったから
私がおぶったの。




とどや顔で一言。



お義母様、
その考え方、
偏りすぎてます。
そんなときくらい
男性におんぶして
もらいましょうよ。




といいますか、お義母様、
すごい体力だったのですね。

富士登山の頂上付近で
女性をおんぶするって。。。


お義母様、
ものすごく
パワフルです。



ひとまず、

お義母様は硬い貞操観念を
お持ちのようなので、
私のちょっとした

若気の至り

のお話は、絶対できないな、
と悟ったのであります。





応援お願いします♪

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


姑日記 ブログランキングへ

めっこ

2012.02.17 09:09|お義母様
うちの炊飯器は
「炊飯」ボタンを押すと、
タイマーで、
朝炊き上がるように
設定してあります。

お義母様がお米を
セッティングするときに
時々「炊飯」ボタンを
押し忘れることがあります。

一晩中、保温され続けたお米は、
芯があるのにベトっとした
お米になります。

そのお米を、うちでは、


めっこ


と呼びます。


この「めっこ」がですね、
もう、本当に
どうしようもないくらい


まずい


のです。


そのまま食べるのは
至難の技。

というより、
不可能
です。


そんな、めっこですが、
お義母様は、

農家の方が作ったお米を
捨てるのは申し訳ない


と言って、
捨てようとしません。


でも結局、
お義母様もめっこを
食べることはなく
カビが生えるか
カチンコチンになるまで
待ってから捨てます。



お義母様
その段階って
踏む必要ありますか?




いずれ捨てると分かっているものが
キッチンのテーブルに置いてあるのは
あまりいい気分ではありません。


この
にっくき「めっこ」
何とか早く
抹消できないか?



そう思って考えついたのは、
めっこを使った
美味しいレシピ。


これまでのレシピでは

カルボナーラリゾット
ボロネーゼリゾット
ライスコロッケ


が好評でした。


さて、めっこが
美味しいお料理に
変身することを
知ってしまったお義母様、

以前は、
ご飯がめっこになってしまったら、
申し訳なさそうにしていたのに、
最近は、



さ!
若奥さん、
腕の見せどころ!




などと、
嬉しそうに言ってきます。


まるで
「めっこ」
炊いてあげたわよ!

とでも言わんばかりの
上から目線でございます。



お義母様、
できれば私
違う食材で
腕をふるいたいのですが。




でも、
世にも恐ろしい「めっこ」を
美味しそうに食べている
義両親や主人をみていると、


めっこの助っ人


もいいかなと
思ってしまう嫁なのであります。



お義母様のだに炊飯ボタンを
ポチっとお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


姑日記 ブログランキングへ

国会議員バッジ

2012.02.15 11:58|お義母様
甥っ子は魔の二歳児。
最近は、大人が嫌がることばかりします。

例えば、廊下は寒いのに
茶の間のドアを開け放ち
それを閉めようとすると


やぁだぁーー!!!


といって大泣きします。

ある日、そんな甥っ子に、
主人が言いました。


主人:こらっ!
   今日は偉い人がいるんだから、
   そんなことしちゃだめ!

私:偉い人?誰?

主人:いるでしょ。一人。

私:?


この部屋には、
義両親、主人、甥っ子、私と
いつものメンバーしかいません。


私:分からない。
  何のこと?

主人:一人国会議員バッジを
   たくさんつけてる
   人がいるでしょ。


私:え…?




国会議員バッジって、
こういうのですよね。



一体どういうことだろうと思い、
部屋を見渡したところ、




いました。
国会議員バッジ。






お義母様が着ている
えんじ色のカーディガン。
ボタンがまるで
国会議員バッジなのです。

しかも、
肩パット入り。



全体像


国会議員議員バッジ拡大




意外なところから、
笑いのパンチが飛んできたので、
私は完全にノックアウト。

笑いを堪えきれずに、
吹き出してしまいました。


お義母様:馬鹿なこと言って!


そう言うお義母様の顔も、
笑っていました。


お義母様、
ださ・・・いや、
そのレトロな
えんじ色のカーディガン。
国会議員バッジが
そんなにもついているなら
さすがに捨てられませんね。


その日私はお義母様の
肩パットが入った
えんじ色のカーディガンに
一気に愛着が湧いたのでした。






お義母様が当選しますように!

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


姑日記 ブログランキングへ

お義父様の勘違い2

2012.02.15 11:29|お義父様
このブログを読んでくださっている方には、
義両親と同居していらっしゃる方も
多いのではないかと思います。

そうなると、
家にお仏壇がある方も、
いらっしゃることでしょう。

うちの義両親は、


ものすごい
仏教信者です。




毎朝、仏様にご飯をよそって、
みんなでお参りした後、



おはようございます。



とあいさつして一日が始まります。

最初はびっくりしたこの習慣も、
今となっては

何も見ずに
お経を読めるレベル


に達しております。

まあ、そんなお経自慢はさておき、
皆様、

五木寛之さん

をご存知ですか?

・青春の門
・大河の一滴
・親鸞

などなど
とても有名な作品の作者です。

この、五木寛之さん
仏教伝道文化賞を受賞しており、
仏教に深く関わって
いらっしゃる方でもあります。

うちの義両親も、
ローカル新聞に掲載されていた


「親鸞」


を毎朝楽しみに読んでしました。

さて、そんな五木寛之さんが、
2/11に私達の住む長野県に、
仏教の話をしに来たそうで、
テレビのアナウンサーが、
そのことを伝えておりました。



私:五木寛之さん、来たんですね。

お義父様:そうなんだなー。

私:お話聴いてみたかったです。




お義父様:ん?
     五木ひろしのか?




私:・・・・・・
  五木寛之さんです。




お義父様:あ、間違っちゃったなー。
     へっへへ。




お義父様、
ギャグですか?
本気ですか?





私はギャグであると判断しました。



私:ナイスギャグですね、お義父様。



お義父様:いや、ほんとに、
     間違えちゃったな。




そこ、
正直な回答
なんですね。




私:・・・・・・



お義父様:へへっ、演歌歌手に
     なっちゃったなあおい。




私:そうですね。(うける・・・)

お義父様:・・・・・・

私:・・・・・・






終了。




そんな、かわいい勘違いを
しょっちゅうしてしまう
お義父様に清き一票を!

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ  

バレンタインデー

2012.02.14 12:44|お義父様
今日はバレンタインデーですね。
皆様は誰かにお菓子を
プレゼントしましたか?

私は主人・義両親・甥っ子・
入院中の義妹にクッキーを焼きました。

そして今朝、
主人・義両親・甥っ子に
クッキーをあげたら
大変喜んでくださいました。



11頃、コタツで仕事をしていたら、
ふすまをほんの少しだけあけて、
お義父様がこっそりと
手招きしていました。








私がお義父様のところにいくと、
お義父様が



はい!
今日のお返し。
食べてくれや!




と近所で有名なお菓子を
こちらに差し出してきました。




お返しが
異常に早いです、
お義父様。





今朝ご飯を食べ終わった瞬間に、
甥っ子の世話を放棄して
どこかに消えたお義父様、

お菓子を買いにいっていたのですね。




ホワイトデーまで
待てなかったのか





それとも単純に
ホワイトデーを知らないのか





はたまた、
アメリカ文化を身につけた
イケテル老人なのか。






お義父様は、
「St. Valentine's day」と書かれた
お菓子を持って、とっても嬉しそう。

その顔を見ていると、



お義父様、日本では、
バレンタインデーのお返しは、
ホワイトデーにするんですよ。




なんて言うのも野暮だと思い、
ありがたく頂戴いたしました。


お義父様、おいしいお菓子、
ありがとうございます。




応援お願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ  

お義母様の甥っ子のあやしかた2

2012.02.13 01:37|お義母様
義両親が甥っ子をあやしているときに、
時々、「え?」と耳を疑うときがあります。


ジェネレーションギャップ
が生み出す数々の名言



を、少しずつご紹介しております。
今日は第二弾でございます。


甥っ子は、とぼけるときや、
ふざけているときに、
目を閉じて、
鼻の下を伸ばします。



私:あれーご飯食べないのかな?

甥っ子:たーべないもーん。

私:ちゃんと食べたら、
  アンパンマンみたいに
  元気百倍になるよ~。

甥っ子:アンパンマンないもーん。
    (「アンパンマンじゃない」の意)

そして、目を閉じて、
鼻の下を伸ばしました。



見かねたお義母様が一言。


お義母様:しっかりお食べ、



     座頭市



私:(ざ、座頭市!?)


以下、Wikipediaより引用*********

『座頭市』(ざとういち)は、
兇状持ちで盲目の
侠客である座頭の市が、
諸国を旅しながら
驚異的な抜刀術で
悪人と対峙する、
アクション時代劇である。


*******************************



お義母様、
渋過ぎます。



やはり、お義母様の世代なら、
勝慎太郎の座頭市でしょうか?



などと、
とりとめのないことを
考えているときに、



主人:二歳の子供に座頭市かい!



主人が笑いながら、
ツッコミました。

突っ込まれたお義母様は
どんな反応をするかな?
とお義母様に目を向けると、




目を閉じて、
鼻の下を伸ばしていました。





私は、



よっ、
あんたが
正真正銘の
座頭市!





とちゃちゃ入れの一つでも、
したかったのですが、


お義母様の鼻の下が、
予想以上に
伸びていたのが
笑いのツボに
入ってしまって
思わず下を向いて
しまいました。



今では甥っ子があの顔をする度、


座頭市


の言葉とともに、



目を閉じて
鼻の下を伸ばした
お義母様の顔が
頭に浮かんでしまいます。






本当に困ったものです。





座頭市なお義母様にポチお願いします!

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


姑日記 ブログランキングへ

お義父様のプラレールデビュー2

2012.02.12 11:38|お義父様
2歳になる甥っ子は、最近、
褒めたり、気をそらしたりといった
子供だましが通用しません。

昨日も、仕事のメール中に、
遊んでとねだってきたので、

「○○くん、待てるかなー?
 いい子なら、待てるねー?」


なんて言いながら、
待ってもらおうとしたのですが、
その手には乗ってくれませんでした。

その後、色々あって
お義父様のプラレールデビュー
失敗に終わったのですが、

肩を落とすお義父様が、
不憫でならなかったので、
私は、お義父様を
勇気づけることにしたのです。


以下、昨日の続き。
昨日の記事を読むと分かりやすいので、
お時間のある方は是非読んでくださいね。



謎のプラレール崩壊により、
線路を両手に持ち
肩を落とすお義父様。



そんなお義父様に近づき、
私は話しかけました。


私:大丈夫ですよ、お義父様、
  慣れるまでは皆そうなります。
  私も最初はそうでした
  (嘘ですけど。)

お義父様:そうかや?
     いつか慣れるんかい?

私:はい。慣れますよ。
  見ててくださいね、
  慣れればこうなりますよ。
  (嘘ですけど。)


私は、ちゃちゃちゃっと、
プラレールを組み立てました。


私:ほら!こんなに早く
  組み立てられるようになりますよ!
  (嘘ですけど。)

お義父様:おお!すごいな!
     おらもいつかできるかや?
 
私:できますよ!きっと。
  (嘘ですけど。)

お義父様:そうかや?
     じゃあ頑張らないとな。
     へっへっへ!




肩を落としていた
お義父様が
すっかり
上機嫌になりました。





仕事を中断されたことを
ふと思い出した私は、
幸せそうに笑うお義父様を見て、
思わず、




嘘ですけど。




と、声に出そうになりましたが、
理性が働き、声に出さずに
すみました。




その日私は、
2歳の甥っ子より、
70過ぎのお義父様の方が、
子供だましに作戦に
乗ってくれるということに
気づいたのでした。




お義父様、いつまでも、
子供の心を持っているなんて、
とても素敵です。




そんな永遠の子供
お義父様にポチをお願いします!

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ  

お義父様のプラレールデビュー1

2012.02.10 19:57|お義父様
うちの茶の間には、
甥っ子のためにプラレールが
おいてあります。

普段は、プラレールを使って
甥っ子と遊ぶ担当は私と主人なので、
お義父様とお義母様が
プラレールに近づくことはありません。

今日も甥っ子が私のところにやってきました。
そのとき私は仕事のメールを書いている最中でした。


甥っ子:おばたーん、あーそぼ!

私:ごめんねー、今ちょっと
  手をはせないから、
  もうちょっと待ってー!

甥っ子:だめー。

私:○○くん、待てるかなー?
  いい子なら、待てるねー?

甥っ子:やだ。あーそーぼー!!
(腕を引っ張る)


私:ちょ、ちょちょ、ちょっと待って!


そんな状況をみかねたお義父様が、
救いの手を差し伸べてくださいました。


お義父様:よし!じぃじと遊ぼう。



お義父様の
プラレールデビューです。




甥っ子は、
電車のスイッチをONにして
走らせるのではなく、
自分の手で電車を走らせます。


甥っ子:がたんがたーん!

お義父様:がたんがた……あれ?


お義父様の
力の加減が強過ぎて、
プラレールデビューから

一秒後に

プラレールの橋が
くずれました。



お義父様:あれ!参ったなぁ!
     ちょっと、待ってなぁ…。
     えーーっと…。
     これは、どうすればいいんかや…。
     ちょっと待ってよ…。
     えーーーっと……









………




………………




………まだですか?






お義父様、
橋が壊れただけなのに、
なぜそんなに時間が
かかるのですか?

そう思ってプラレールの方を振り向いて、
私は我が目を疑いました。



な、なぜ…?



なぜ、
橋以外も崩壊
しているのですか、
お義父様…




崩壊したプラレールの横に、
線路を両手に持って



肩を落とす
お義父様。




しかも、甥っ子は、
プラレールで遊べないので、



お義父様を放置して
テレビのソバに移動して
嬉しそうにダンス中。




肩を落とす老人と、
背中合わせに
喜々と踊る子供。




そんな対照的な二人を見て
いたたまれなくなった私は、
仕事のメールをいったん中断して
プラレールを修復することにしました…。



お義父様、気を使って頂いたのは
非常にありがたかったのですが…



逆に
作業が増えました。





こうして、お義父様の
プラレールデビューは、
失敗に終わったのです。






お義父様、
今回は失敗に終わりましたが、
新しいことに挑戦する
お義父様の姿勢、
私、結構好きですよ。

でも、あまりにも
お義父様が肩を落としてらしたので、
私、可哀想になってきました。

そこで、
私はお義父様を元気づけるために、
ある方法をとったのです。

それは、また明日…!



そんなチャレンジャーな
お義父様にポチをお願いします!

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ  

バナナとヨーグルト

2012.02.10 14:31|お義母様
※お食事中の方はご遠慮ください。


毎日ちゃんと、
甥っ子の面倒をみてるお義母様。


甥っ子に関する
法則を見つけると、
得意顔で皆に自慢します。



こないだは、甥っ子が
バナナとヨーグルトを食べると
お通じが良くなることを
自慢したかったらしいのですが、
興奮しすぎて、


う○ちと
ヨーグルトを
食べたら
バナナが
たくさん出るよの!



と、自慢してきました。




お義母様、
いくらなんでも
それは無理でございます。




バナナが出る
ってのは、
なんとなく分かるのですが、
さすがに、
う○ちを食べる
のは無理ではないでしょうか?


お義母様、少し、
興奮してしまったのですね。

でも、その後に自分で気付いて
大笑いしたお義母様は
とても可愛らしかったです。



う○ち食べちゃうの!?
な、お義母様にポチお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


姑日記 ブログランキングへ

お義父様のターゲット

2012.02.09 11:05|お義父様
お義父様は世間話が大好きです。

近所の方の話
政治の話


などの話になると、
鼻を膨らませて
もう必死です。



そんなこと、
どうでもいいです。



と、思いながらも。


えー!
はいはい。
本当ですか?
そうですねぇ。


と、話を聞いている
(ふりをしている)
私でございます。

先ほど、甥っ子の面倒を見て、
トーマスで遊んでいたとき、
お義父様の世間話が始まりました。

お義父様:○×にある食堂、
     前は、ソバ屋だったんだけど、
     その食堂がな、
     ふざけたものばかり出すって、
     △△さんが言ってたわ。



私は甥っ子の面倒を見ていたので、
あまりよく聞いてなかったのですが、
大体こんな感じの話でした。

ちなみに、○×とか△△は、

固有名詞かつ
超ローカルな名詞


私には全く分かりません。


だから、もちろん、
私に話しかけているのでは
無いでしょうから、
私は、甥っ子の面倒を
見続けました。


さらにお義父様は、
ひたすら話続けます。

しかも、かなり大きな声で。



お義父様:前、蕎麦屋だったころは、
     ……、して…な、…

↑私の耳にはこう聞こえております。


甥っ子:ゴードン、ゴードンがいたの。

私:ゴードンがいたの?


お義父様:だから、…ってせったから、
     …なんだ。

↑私の耳にはこう聞こえております。


甥っ子:うん。雪降ってたの。
    雪、投げたの。

私:そうなの?すごいねえ。


お義父様:まったく、ふざけた…、
     よっくよくたまげて…から、……。

↑私の耳にはこう聞こえております。



そのとき、私はふと気づきました。


お義父様の会話に、
誰も相槌をうっていないことに。



お義父様は、
誰に話しかけているんだろう?
そう思い、お義父様を
チラッと見ところ、



見てる。
こっち見てる。




そうでしたかお義父様。
ターゲットは私だったのですね。



でも、私全然聞いてませんでした・・・。


お義父様、
完全に会話の一方通行です。



お義父様、
申し訳ございませんでした。

私、あまりに固有名詞が多すぎて、
まさか、私へ話かけてるなんて
思いもよらなかったのですが、

お義父様は、

自分が知ってること

相手も知ってる


の等式をお持ちでしたね。

そして、

お義父様は、
相手がお義父様の方を
まったく見ていないのに、
ずっと話を続けられる忍耐力


もお持ちでしたね。


私、スッカリ忘れていました。
でも、大丈夫です。


お義父様の話を聞いていなくても、
お義父様の声のトーンと表情から
どのような相槌をうてばよいのか、
私は、ちゃんと分かってます。




私:そうですかぁ。
  大変ですねぇ。
  ね、○○くん、
  大変だねぇー。


甥っ子:大変、大変。


私がそういうと、
お義父様は嬉しそうな顔して、

お義父様:本当に、じぃじ、
     たいへぇーん!!



と一言おっしゃって、
会話が終了しました。




そんな、話好きのお義父様に
応援のポチお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


二世帯同居 ブログランキングへ

そのお味噌汁は…

2012.02.08 11:04|お義母様
うちの朝ごはんは、
とにかく賑やかです。

と、言いましても、
横で繰り広げられる
お義父様とお義母様の
壮絶なバトルを聞きながら
私と主人は


黙々と食事をしてる


のですが。

あれは暑い夏の日のことでした。
私と主人はスープ、
お義父様とお義母様は、
お味噌汁を飲んでいたときのことです。

お義母様はお味噌汁を
飲み終えていました。

お義父様:ん?この味噌汁、
     なんかすっぱくないか?

お義母様:そう?
     私、全部飲んじゃったけど。

お義父様:これ、いつの味噌汁だ?

お義母様:(無視)

お義父様:やっぱり、酸っぱいぞ。
     おい、いつのだ?

お義母様:(無視)

お義父様:おい!
     こっちが質問してるんだから、
     ちゃんと答えろ!


お義母様:昨日のです。


お義父様:こんなに暑い日なのに、
     味噌汁を一日置いてたら、
     悪くなるに決まってるだろう!

お義母様:(無視)

お義父様:おい!!


お義母様:そうさぁ!!


私:!!!

主人:!!!




お義母様、
驚異の開き直りです。





お義父様:…(面食らって何も言えない)


お義母様、暑い日に、
味噌汁を一日おいていたら、
悪くなるのは承知の上で、
お義父様に出したのですね。

何より、

お義母様自身、
全て飲んだのですね。



その上、
驚異の開き直りを見せるなんて、
なんて言うか、


お義母様、
ワイルドでございます。



その日の朝、
真夏の暑い日にも関わらず
私は震える肩を抑えるのに、
必死でした。




そんなワイルドなお義母様に
応援のポチお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


姑日記 ブログランキングへ

じぃじ

2012.02.07 13:25|お義父様
皆様の義両親様は、
孫に何と呼ばせていますか?

うちの義両親は甥っ子(二歳)に

じぃじ
ばぁば


と呼ばせています。
とても、可愛いですよね。

ある日、お義父様と私は、
甥っ子と遊んでいました。

その日、お義父様が
新しく買ってあげたおもちゃで、
とっても嬉しそうに遊ぶ甥っ子。

お義父様:そのおもちゃどうしたの?

私:誰に買ってもらったの?

甥っ子:知らない。

私:あー、何でそんなこと言うの?
  じぃじが買ってくれたんでしょ?

甥っ子:しーらなーいもーん!

私:あらら~

お義父様:あー、そんなこと言うなら、
     もう買ってあげないんだから!


     じじぃ
     もう買わないからね~!


私:え?(じじぃ…?)


お義父様、
「ぃ」と「じ」が
入れ替わっています。



私:お義父様、
  「じじぃ」になっちゃいましたよ。

お義父様:「じぃじ」だって、
     「じじぃ」だって、
     どっちだっていいやさね。
     はっはっはっ!

私:・・・。



そうだな、じじぃ!


と、どさくさにまぎれて
言ってしまおうかと思ったのですが、
はっと我に返りそのような蛮行は
やめたのでした。


その後も時々、お義父様自らが


じじぃ


と発するので、いつか甥っ子が、


じじぃ


と自然に言ってしまう日がこないか、
ハラハラしております。




そんな、じぃじに
応援のポチお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


二世帯同居 ブログランキングへ

皆様読んでくださってありがとうございます。

2012.02.07 00:01|皆様へ

皆様、
嫁のネタ帳を読んでくださって
ありがとうございます(*^_^*)

先月、ふとしたきっかけで、
極秘裏に始めたこのブログが、


今日(2/6)なんと!

初めて一日のアクセス件数が
1,000件を超えました!


最初、
我が目を疑ったのですが、
本当に本当のようです。


つたない文章で、
内容も、

日常生活の実況中継

なのに、
こんなにたくさんの方に
読んでいただいて、
本当に嬉しいです。

嫁のネタ帳を読んでくださっている皆様の生活に
少しでも笑いをご提供するべく、
今後もネタ探しに邁進いたします。

これからも、
どうぞよろしくお願いいたします。



嫁より。


お嫁に行くということは…

2012.02.06 14:45|お義母様
お義母様は、
お祖父様に厳しい教育を
受けたそうです。

この家にお嫁に来るときに、


一度家を出たら、
何があっても耐えて、
戻ってくるな。



お勝手(台所)に男性を
入れるようなことはするな。



家のことはすべて
女が担当するように。



と厳しく言い聞かせられたそうです。


それを聞いたとき、心の中で、

明治時代の教えですか?


と思ったのを覚えています。



平成を生きる私には
理解しがたい教えです。

この家にお嫁に来てすぐに、
このような話を、
ドヤ顔でされましたので、
私は少し面食らいました。

果たして、
現代っこの私は、
そのような女性に
なれるだろうか?

と悩みもしました。

しかし、その後すぐに、
その悩みは
吹き飛んだのです。


その事件はある冬の日の
昼下がりに起きました。

お義父様は、
コタツで新聞を読み、
お義母様は、
コタツで横に
なっておりました。

どこにでもある、
穏やかな冬の日の昼下がり。



そのとき、
ピンポーン!
と、玄関のチャイムが鳴りました。



その瞬間お義母様が
ひじをついて
少し上半身を起こしました。


さすが、
家のことを全てやる
主婦の鏡のお義母様!

チャイムが鳴ったら、
すぐに玄関へ行くのですね!

私は尊敬の目線を
お義母様に向けました。

次の瞬間、


お義母様は、
半分だけ上半身を
起こした体勢で、
お義父様を睨みつけ、
無言で玄関を指差して、
顎を軽く突き出しました。



それを見た私は、
お口あんぐり、
お目々ぱちくり、

でした。


その表情の
またすごいこと。
眉間にシワを寄せて、
顎を突き出す様は
まるで、


がんを飛ばす
ちんぴら。




そして、ちんぴらが、
醸し出すのは…


無言の命令
「お前が出ろ。」




私は一瞬自分が見たものが、
間違いだったのではないかとも
思ったのですが、

コタツから腰をあげて、
いそいそと玄関に向かう
お義父様を見て、
やはり、先ほど見たのは、


無言の命令
「お前が出ろ。」
BY ちんぴら



だったと分かったのです。

お義母様、
逆境に負けず、
力強く生きてこられたのですね。



私、感動しました。


こんな、強かなお義母様に、
賛同いただける方は、
ポチッとお願いします。


にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


姑日記 ブログランキングへ

ご馳走様でした。

2012.02.05 11:50|お義父様
お義父様とお義母様は、
よく外食に主人と私を
誘ってくださいます。

もちろん私たちは、


人の土俵で相撲を取るべく、
ありがたくお誘いを
受け入れます。



そんなある日、レジのところで、
私が「ご馳走様でした。」と
言ったときに、
レジに店員さんがいるにも関わらず
お義父様が大きな声で放った
驚愕の一言。




「お粗末さぁ~ん!!!」




・・・お義父様、
お願いですから
場を選んでください。



その言葉は、どうか、
店員さんのいないところで、
お願いいたします。

そのとき私は、
店員さんのいる場所で、
お義父様に、

「ご馳走様でした。」

と言うのはやめようと、
心に決めたのでした。




そんなお義父様の
お粗末な言動を
許してくださる方は
ポチっとお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


二世帯同居 ブログランキングへ

マクドナルドの奇跡2

2012.02.04 12:28|お義母様
昨日はお義母様の
マクドナルド嫌いをお伝えしました。

でも、ある出来事をきっかけに、
お義母様がマクドナルドを食べる
奇跡が起きたのです。

ある日、主人と買い物に行った帰り、
マクドナルドのドライブスルーで
お昼ご飯を買っていこう
ということになりました。

その日、ちょうどお義母様は
朝から出かけていらしてて、
お昼ご飯をどうするかが
分からない状況でした。

まずはお義父様に電話して、
マクドナルドを買っていくか
聞いて見たところ「いる!」
とのことですので、
お義父様の分も買うことに。

さて、お義母様・・・。
マクドナルドに
だいぶ批判的

なのですが、
一応聞いて見ようと思い
電話しましたがつながりません。

主人と二人で悩んだのですが、
もしかすると外で食べてくるかもしれませんし、
何より、あれだけ
マクドナルドを
批判している

ので、買っていくのも
嫌味になるかもしれませんので、
お義父様、主人、私の
三人分だけ買っていきました。

さて、家に着いたところ、
お義母様が帰っていらして、



お義母様が、
なぜだか、ソワソワと
嬉しそうなのです。



お義母様:マック買って来たんだって?

私:(まずい…)


主人:母さんのはないよ。

お義母様:え!なんで!?

主人:あんだけ、批判してたから、
   いらないかと思って。

お義母様:私だって、
     「どうぞ」って出されたら
     食べるわよ!



私:(上から目線だわ・・・。)

主人:なんでわざわざこっちが、
   そんなことしなくちゃ
   いけないんだよ。


お義母様:はいはい!
     いですよ!
     私は残り物があるから、
     それで十分! 
     そんな怪しいの
     いりませーん!




でました。
お義母様、
「いじけモード」に
シフトチェンジ。



マクドナルドを初めて
食べられると思ったのに…。
可哀想なお義母様。


主人:じゃあ、今度買うとき
   買って来てやろうか?


お義母様:結構です!


でました。
お義母様、
「意固地モード」に
シフトチェンジ。



こうなってしまっては、
ニュートラルへの
シフトチェンジは
しばらく時間が必要なので、
その日はそのまま


放置プレー


で一日を終えました。


そして、しばらくたったある日、
またしてもドライブスルーの
機会がありました。

私:お義父様とお義母様の分どうする?

主人:いらないだろ。
   あんだけ文句言ってるんだから。

私:電話してみようよ。


そう、私にはわかってしました。


お義母様は、本当は、
マクドナルドが
すごく食べたい


けど、

買い方やメニューが
分からないから、
恥ずかしくて
買えないだけなのだ
ということを…。



私:もしもし~

お義母様:はいはい。

私:これから、マクドナルドで
  ドライブスルーするんですが、
  お義父様とお義母様の分
  どうしようかと・・・



お義母様:(かぶせるように)
     よろしくお願いします。



私:(はははや!)
  分かりました。
  何でもいいですか?

お義母様:よく分からないから、
     お任せします。






・・・
その日、お義母様が
生まれて初めて
マクドナルドを食べるという
奇跡が起きたのでした。



その後、
新聞にマクドナルドの
クーポンが入っていると

嬉しそうな顔をして
私にクーポンを渡してくる


お義母様がいるのです。


お義母様、
もうすっかり

マクドナルドの虜
ですね。


世界でみんなに愛される
マクドナルドは
我が家にも
奇跡をもたらしたのです。


お義母様、
お義母様の広い視野の
なせる技ですね。




にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


姑日記 ブログランキングへ

マクドナルドの奇跡1

2012.02.03 11:34|お義母様
私も主人も大好きなマクドナルド。

たまに、ふと、
あの味が食べたくなってしまいます。

一方、お義母様は、
マクドナルドに対して、
かなり批判的でした。


私:マック行きたいな。

主人:じゃあ、マック行くか!

お義母様:マック!?
     (すかさず反応)


主人:何?

お義母様:怪しいぃ~

主人:は?何が?

お義母様:どこの肉使ってんだか
     分かったもんじゃないよ!


主人:(スルー)

お義母様:みみずの肉
     使ってるっていうじゃない。




お義母様、それは、
昭和の都市伝説です。




その日だけでなく、とにかく、
マクドナルドの話題になると、
お義母様は非難ゴーゴー
なのでございます。


もちろん、
そんなお義母様が
マクドナルドを食べたことなど
一度もありませんでした。



そう、あの奇跡が起きるまでは・・・。


明日へ続く・・・




二世帯同居 ブログランキングへ


姑日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 家族ブログ 二世代同居へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村

標準語?

2012.02.02 17:33|お義父様
私は長野県に住んでおります。

お義父様は、長野県が
日本の中心に位置するので、
自分のしゃべり方が、
標準語だと思ってらっしゃいます。

実際は、



すごい
訛ってるんですけどね。




しかも、訛り方が半端ではなくて、


正直、
理解不能なときもあります。




実際、長野県に住む方は、
ほとんど訛っていません。


皆様、標準語です。


仮に方言が飛び出しても、
ほとんどが理解可能なものです。


そんななかで、うちのお義父様が、
なぜあんなにも
理解不能レベルで訛るのか、



本当に謎です。



先日、長野県に住んでいる、
義理の従兄弟と、
長野県の訛りの話に
なったときのこと、



俺、叔父さんの言葉、
理解できないこと
あるんだよね。



と、おっしゃっていて、

やっぱり、
お義父様の訛りは
長野県の方言ではなくて、



お義父様語



なのだということを
再確認出来ました。

お義父様、独自の言語を
生み出すなんてさすがです。

でも、自分の言葉が
標準語だと皆様に言うのは
やめておきましょうね。






二世帯同居 ブログランキングへ


姑日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 家族ブログ 二世代同居へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村

お義父様の勘違い1

2012.02.01 11:10|お義父様
お義父様は勘違いが
とても激しい方です。

お年のせいなのか、
それとも、もともと…

いや、これ以上は言いますまい。

お義父様の勘違いも、
これから少しずつ
ご紹介していきます。


さて、
テニスの錦織圭選手、
とても、活躍されていますよね。

先日、錦織選手のニュースを
見ていたときのこと。


お義父様:最近よく見るな、
     この若いの。

私:そうですねぇ。

お義父様:にしきおりだっけ?
     すごいよな!


私:(すかさず)
  「にしこり」です。


お義父様:世界ランク上の相手と
パーン!とやりあっちゃうんだもんな。

私:…(聞いてないな。)

お義父様:この、にしきおりは結婚してんのか?

私:(なぜいつも結婚を気にするんだろう。)
  「にしこり」です。結婚してませんよ。

お義父様:そうか、してないのか。
     まだ若いもんな。

私:はい…。(やっぱ聞いてないか)

お義父様:え!?にしこり?

私:はい。
  (気づくの遅。)

お義父様:またまたぁー。
     ひょうきんなこと言ってぇ。


私:いや、本当ですよ。
  (ひょうきんなのはお義父様です。)

お義父様:え!本当かい?

ニュース:にしこり選手、
     応援しましょう!


お義父様:お!本当だな。
     こりゃ、たまげたなあ。






お義父様、
たまげたのは私です。






お願いですから、
よその家で勘違いを
披露しないでくださいね。



二世帯同居 ブログランキングへ


姑日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 家族ブログ 二世代同居へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村