FC2ブログ
09 | 2019/10 | 11
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

嫁

Author:嫁

アクセスランキング

皆様からの応援のおかげで、日々のネタ探しに力が入ります。
いつも、ありがとうございます!
1日1クリックお願いします♪

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ


ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

時代

2013.01.29 10:21|お義父様
うちのお義父様は、
大抵のことを


「時代」のせいにします。


ニュースでいじめの話題が出ても、

時代だな。。( ̄ー ̄) 遠い目。




景気があまり良くないことに対しても、

時代だな。。( ̄ー ̄) 遠い目。



インターネットでの犯罪に対しても、

時代だな。。( ̄ー ̄) 遠い目。



離婚率が高くなったことに対しても

時代だな。。( ̄ー ̄) 遠い目。


確かに、大体のことが時代がもたらす事態です。



でも時々、「?」と思うことがありまして、


新聞の文字が読みづらくなったときに

時代だな。。( ̄ー ̄) 遠い目。








お義父様、
その原因は
老眼です。








お義母様のお料理がどんどん手抜きになっていくことに対して

時代だな。。( ̄ー ̄) 遠い目。





お義父様、
それは・・・


・・・言いたくないのですが、
これまでの、
色々なことの
積み重ねでしょうね・・・。





と、まあ、時々意味からそれた使い方をされる


時代だな。。( ̄ー ̄) 遠い目。



なのですが、私にとっては、
何かの話が長引いて面倒くさい時の





話を打ち切る
必殺技となります。







お義父様:○△×で、□□??だから・・・

私:はい。(聞いてない)

お義父様:●▲◎だって言っていてい、?*+&%で、

私:あー、はいはい。(聞いてない)

お義父様:○△×で、$%#@なんだよなぁ。




私:時代ですね。。( ̄ー ̄) 遠い目。




お義父様:時代だな。。( ̄ー ̄) 遠い目。




といった感じで話が終わります。



↓やっと長話から開放された嫁におめでとうのぽちを!

二世帯同居 ブログランキングへ

にほんブログ村 家族ブログ 二世代同居へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



年賀のごあいさつにて

2013.01.05 10:44|お義父様
お義父様は仕事がら、
2日から年賀のごあいさつで大忙しです。

今朝、お義父様が嬉しそうに話しかけてきました。


お義父様:昨日な、●●さん家にあいさつに行ってな、

私:はい。

お義父様:ドアをガラーって開けてな、

私:(チャイム鳴らそうよ・・・)
  はい。



お義父様:驚かそうと思ってな、
     
     茶の間のドアも
     バターンと
     開けたんだよ。
     (どや顔)



私:え?(は!?)

お義父様:そしたらさ、
     二人ともコタツで寝ててさ、

     おらぁもうびっくりしちゃったょ!




いやいや、
びっくりしたのは
その方たちでしょう・・・。





私:驚かれたでしょうね・・・。

お義父様:うん、びっくりしちゃったよ。
     コタツで寝てるんだもん。




だから
お義父様ではなくて・・・





私:そうですねぇ。

お義父様:だからね、言ったの。

私:何とおっしゃったのですか?


お義父様:いや~ごめんね、
     こたつで

     のこのこ

     してることろ急に来ちゃって。って。




お義父様、
それを言うなら、
おそらく、
「ぬくぬく」かと。





私:そうですか・・・。


と、今朝も朝から疲れ気味な嫁なのでした・・・。


↓お疲れ気味の嫁に応援の一票を!

二世帯同居 ブログランキングへ

にほんブログ村 家族ブログ 二世代同居へ
にほんブログ村

片思い

2012.10.09 22:01|お義父様
皆様お久しぶりです。

本業(?)の方がものすごく忙しくて
なかなかブログ更新できませんでした・・・。

さて、少し前に


うちの猫が
他の猫と喧嘩して
大けがをしてしまいました。



背中やら足の付け根やら体側やら、
色々なところを縫って、
それは、もう、かわいそうでかわいそうで。

しまいには、




ラッパ・・・
IMG_6383[1]_convert_20121009214141




哀愁漂ってます。
笑うところではありません。



とにかく、ひどい怪我でして、
病院にいったり、
いつもは外にいたけれど、
家の中で生活したりと、
これまで以上に人手がかかることになりました。

そんな中、



一番一生懸命
お世話をしたのは
お義父様です。





トイレの世話、
御飯の世話、
病院への通院、
とにかく、お義父様は、



お義父様は
猫のために
たくさんの時間を
費やしました。




なぜか、いつもより
生き生きしていたお義父様。



猫の世話が
生き甲斐
ってところでしょうか。



猫も、そんなお義父様に感謝して、
お義父様が大好き・・・


と、言いたいところですが、





なぜか
まったく
なつきません






お義父様が、
あんなに献身的にお世話しているのに、
お義父様が近づくと、



さささーっとテーブルの下に
隠れてしまいます。




そして




ビクビクビクビク・・・
ビクビクビクビク・・・
ビクビクビクビク・・・

IMG_6504[1]_convert_20121009214256
視線の先にはお義父様



献身的なお義父様は、
うちの猫に片思い中なのです。




早く両思いになりますように!↓

二世帯同居 ブログランキングへ

にほんブログ村 家族ブログ 二世代同居へ
にほんブログ村

お義父様の大転倒

2012.08.19 15:16|お義父様
先日の夕方のことです。

私が花に水をあげているときに、
お義父様がタオルを首に巻いて
相変わらずあたまに帽子を乗せて
外に出てきました。


私:どこか行かれるのですか?

お義父様:ちょっと散歩に行ってくるな!

私:そうですか。いってらっしゃい。


その後、買い物に行く用が出来たので、
スーパーに向かって歩いていると

遙か遠くにお義父様が見えました。

首に巻いた
タオルの端っこを
両手で持って、
アゴを突き出しながら
小股で歩くお義父様。


遠くからそんなお義父様を見て、
歳をとったなあなんて思っていると、
その瞬間・・・






すってーーーーーーーーーん!!








遙か遠くで
お義父様が
転倒しました。






( ゚д゚)ハッ!
↑私です。





その転倒がハンパではなくて、
バナナの皮をふんで
すっころんだかのよう




ど派手。



尻餅をついたうえに
両足は空に向かって高らかと・・・







(;゚д゚) ・・・ だだだ大丈夫ですか?
↑私





お義父様はしばらくその場で
放心しておりましたが
飛んでしまったタオルと帽子に
四つん這いで
近づいて、それらをを拾って
にぶい動作で立ち上がり
何事もなかったかのように
また歩き出しました。






私は、お義父様は、
絶対誰にも見られていないと
思っていると思いましたので、

お義父様がこちらに向かって
歩いて来たときに、



私、
思わず
隠れてしまいました。

優しさからですよ・・・




その後、
スーパーに向かって歩いて
お義父様が転んだ現場を見たのですが




こける原因になるものは
一つもありませんでした。





お義父様、
くれぐれも
体にはお気をつけて・・・。





二世帯同居 ブログランキングへ


姑日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 家族ブログ 二世代同居へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村




缶詰

2012.07.24 21:42|お義父様
お義父様が缶詰を持って
うろうろしています。

引き出しをあけては、
あれぇ~?無いな~?




私に聞こえるように
独り言です。



非常に面倒くさいので、
他のことを続けていたのですが、


大きな独り言が
果てしなく続きそうなので



いたしかたなく
声をかけました。



私:どうしたんですか?

お義父様:うん、あのね、
     この缶を開けたいんだけど、
     缶切りが無くて・・・。


お義父様の手元を見ると、
おつまみの
焼き鳥の缶詰





ちなみに、




プルタブが付いていて
手で開けられるタイプです。





私:お義父様、
  これ、缶切りがなくても
  空くタイプです。



お義父様:え!!!!???
     これ、どうやるんかや?


私:そこに指を引っかけて
  引っ張ってください。


お義父様:こ、これかや?

私:そう、缶ジュースみたいに
  指を入れてひっぱってください。

お義父様:・・・・(ひっぱてる)






     かてぇな。







そういうと


プルタブを
ねじりはじめました。




私:あ・・・




次の瞬間







・・・プチン






私:あっ(;゚Д゚)!






お義父様、
プルタブ取れてます。

一番やっちゃ行けないパターンです。






私は無言で立ち上がり、
決して難しい場所にはしまっていない
缶切りを持ち出し、
お義父様に渡しました。



そして、少し考えたあと、





お義父様って、
缶切り使えるのでしょうか?





そんな考えが頭に浮かびました。




私:私が空けます。



そう言ってお義父様から
缶詰を受け取ったのでありました。



どこまでも不器用なお義父様に、
応援のぽちを!
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ